メインイメージ画像

セキュリティのために用いられているスペアキーについて

方法はさまざまあると思いますが、建築物のセキュリティのためには、たまにスペアのキーが用いられます。スペアキーとはつまり、合鍵などです。

そもそも建物の管理会社によっては、複数の鍵などを保有していることがあるのです。1つのみでは決してないのです。管理会社としては、まずマスターキーと呼ばれるものを保有しています。いわゆる本物の鍵のことです。それは会社の金庫の中などに、しっかりと保管されています。

しかしその会社としては、あえて別の鍵を作成する場合があるのです。それがいわばスペアキーになります。したがって鍵というのは、複数のタイプを作ることが出来る訳です。

ところで、スペアキーにはどのような利便性があるかと申しますと、まず失くすリスクです。そもそも金属錠などは、多少無くしやすい一面があります。鍵をどこかに無くしてしまうと、居住者としては建物の中に入ることが出来なくなってしまうのです。

ところが前述の会社としては、マスターキーを所持しています。そのキーを用いれば、ドアの開閉をすることが出来るので、建物の中に入れる訳です。また管理会社だけでなく、個人宅にお住まいの方も同様です。人によっては、複数スペアキーをあえて作っていることもあります。1つのカギだけでは憂いがあり、複数の鍵を保有しておく方が紛失率も低くなるとの考えがあるからです。とりあえずスペアキーの1つは、お財布の中に収納しておき、別のキーはまた別の場所に保管するといった感じです。

またセキュリティに関わるスペアキーには、建物に入る方々を増やすことが出来る利点もあるのです。

そもそも建物の住人は、1人のみとは限らないのです。複数名の方がそこに居住していることもあります。例としてAさんだけが鍵を保有していて、家族のBさんは鍵を持っていない状況では、Bさんは建物に立ち入れなくなってしまうのです。ところがBさんがスペアキーを保有していれば、建物の中へ入ることが可能です。要するに、建物に入れる方々の人数を増やすために、スペアのカギが用いられることもあるのです。

更新情報